「まちの本屋」がどんどん潰れていく2つの理由 - 東洋経済オンライン
気がつくと、町の書店がまた1つなくなっている。「ここもなくなったのか」。そんな独り言を、思わずポツリとつぶやいたことのある人は少なくないはずだ。書店調査会社のアル ...
(出典:東洋経済オンライン)


本屋(ほんや、ほんおく) (ほんや)書店のこと (ほんおく、ほんや)主要な建物のこと。 - 母屋を参照。 鉄道駅における中心的な建物「駅本屋」(えきほんおく・えきほんや)。
318バイト (39 語) - 2014年3月14日 (金) 01:12



(出典 machinohonya.com)


みんなの意見は?

1 記憶たどり。 ★ :2019/05/21(火) 14:52:05.56

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190519-00281632-toyo-bus_all

気がつくと、町の書店がまた1つなくなっている。「ここもなくなったのか」。そんな独り言を、思わずポツリとつぶやいたことのある人は少なくないはずだ。

書店調査会社のアルメディアによれば、1990年代末に2万3000店ほど存在した全国の書店は、2018年時点で1万2000店ほどにまで減少しているという。
ネット販売や活字離れもあって、書店は厳しい状況に置かれている。

そんな中、書店を活*ことで地域の活性化に取り組んでいる街がある。その1つが、青森県八戸市だ。
同市の小林眞市長は、読書で多くの知識や教養を得たことから、「本のまち八戸」の推進を2013年の市長選で公約。

2016年12月には、離島を除けば全国で初となる自治体直営の書店「八戸ブックセンター」をオープンさせるなど、市民が良書と出合う場の創出、
文化の薫り高いまちづくりなどを行っている。

■「本のまち」さえ青息吐息

同市は、1874(明治7)年に設立された八戸書籍縦覧所を前身とした日本最古の公営図書館を有しており、青森県出身では初の芥川賞作家である
三浦哲郎の出生地でもあることなどから、「本のまち」としてのバックグラウンドもある。

しかし、本のまちも厳しい出版不況にはあらがえなかった。青森県の「商業統計調査」によれば、「書籍及び雑誌類小売業」のピークは、
1988(昭和63)年6月時点の317事業所。

その後、2016(平成28)年の統計調査「経済センサス」内の「書籍・雑誌小売業(古本を除く)」を見ると、89事業者にまで減少している。
過去30年弱の間に統計調査上、青森県内の書店が1/3以下に減っていることからもわかるように、八戸市の書店も青息吐息だったことがうかがえる。

ところが、「八戸ブックセンター」誕生以降、市民の読書熱は高まり、共鳴するように、市内にある古き良き町の書店の中からも、
個性的な取り組みが目立つようになってきている。

伊吉書院類家店では、コミック担当の中村深雪さんが手がけるツイートやコミック紹介のポップ、売場の飾り付けが脚光を浴び、
成田本店みなと高台店では、文芸担当の櫻井美怜さんが手がける手作りのパネル(大型のポップ)が話題を呼んでいる。

中でも大きな関心を集めている書店が、手描きのポップごと買える「木村書店」だ。一つひとつ丁寧に手書きで作成された、
約100種類のポップ付きの本が鮮やかに陳列する店内のポップコーナーは圧巻。

2コマ漫画風のポップ、ストーリータッチのポップなど、バラエティー豊かなポップが飾られ、書店にいる楽しさを思い出させてくれる。“本屋さん”、そう呼びたくなる。

「きっかけはお客様から、『あなたが読んで面白かったものを紹介してほしい』と言われたことでした。書店員の個人的な好みも需要があるのかもしれないと思い、
独学でイラストの勉強をしてポップを作成するようになりました」

2017年の夏から手がけ、約2年間毎日ポップを作り続けている及川晴香さんは、優しい口調で振り返る。「ポップを欲しがる方がいるなんて思ってもみなかったです」
と笑うが、愛くるしいポップは話題となり、ポップごと本の購入を希望する人が続出。いつしか、“手描きのポップごと買える書店”として注目を集めるようになった。
来店者数も、開始以前と比べると1.5~2倍ほどに増えた。

■全国から注目される木村書店

「作るときに留意していることは、お客様が自宅の本棚に並べたときに、家族や友人が『面白そう』と手に取ってくれるかどうか。
例えば、古典文学のポップの場合、堅いイラストにするのではなく、キャッチーな雰囲気にします。

また、廃墟などの写真集であればホラーゲームなどゲーム好きの人にも刺さるようなイラストにしています。関心の外側にいる人が、
「なんだろう?」って手に取りたくなるようなイラストを心がけています」(及川さん)

ポップをきっかけに少しでも本に興味を持ってくれる人が増えたらうれしい――。そう及川さんは続ける。

イラストは人気を呼び、文庫の年間ベストテンなどを載せた書籍『おすすめ文庫王国2019』の表紙に抜擢されるまでに。
コミカルな絵がアップされる木村書店の公式Twitterは、2万2000フォロワーを突破するなど、八戸の小さな書店は今や全国区になりつつある。


木村書店

(出典 amd.c.yimg.jp)





29 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 14:59:55.53

>>1
週刊誌の立ち読みばかりで買ってる人見ない


85 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:09:29.11

>>1
潰れてるんじゃないよ
百貨店やショッピングモールの1コーナーに
姿を変えてるだけ
文房具屋なんかもそう
それのみでの専門店が
難しい世の中になっている


2 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 14:53:01.82

しかし電子書籍は売れない


43 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:02:19.86

>>2
書籍は紙本に限るわな…


56 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:04:06.04

>>2
そこで貼るべきはポップの画像だろ
店の外観だけとかアホなのか?


8 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 14:54:39.62

黒船アマゾンが来るまで、本の取り寄せって一か月ぐらい平気でかかった。


82 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:08:39.53

>>8
忘れた頃に入荷しましたって連絡があったりして何頼んでたっけって考えてしまうよね


17 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 14:56:38.50

店頭での注文がもっと簡単になればいいんだがな。
うちの近くの本屋は、注文のたびに店員が本の情報を書いて、そこに自分が名前住所電話番号を注文書に書くんで、とても面倒臭い。

最近は欲しい本がはっきりしているときは、e-hon.ne.jpで本屋に届けてもらうようになった。


62 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:05:08.64

>>17も書いてるけどehonは都内だと
注文の翌日夕方には店に入荷することが
多いので積極的につかっている。書店の
ポイントもつくし。


18 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 14:57:00.47

安倍になってから本屋の閉店、廃業がすごいわ


84 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:08:58.61

>>18
そういうのを潰すためのグローバリズムだからね。


100 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:13:01.83

>>18
安倍かんけーねー
お前どんだけ安倍好きなんだよ


20 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 14:57:33.17

原因はブクオフ


24 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 14:58:40.64

>>20
それも潰れてんぞw
近くのは廃墟になってる


50 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:02:56.73

>>20
もうブクオフもロクな本置いてないしのう
昔はお宝があったりしたのだが


25 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 14:58:41.64

ネット通販→電子書籍
本屋で本を探すのかったるくなってもう無理だわ


37 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:01:05.43

>>25
CDやDVDもそうだった
突っ立ってじっと目を凝らして探してると決まって大を催してくる


58 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:04:32.38

>>37
CDとか円盤邪魔すぎだしな
どうせ取り込んで聞くんだからDLで買った方が手っ取り早いっていう


33 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:00:34.47

本屋がダメになった理由は、取次が本屋のリクエスト無視して売れる本を送ってくれないからだろ。
売れる本が店頭に無ければ、店に行くの諦める癖がついて、ネット通販に流れるわな。


60 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:05:00.16

>>33
まさにそれ
わざわざ店頭で注文して、また引き取りに行く手間を考えたらね


34 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:00:40.26

何せ雑誌の売上が4割落ちたからな・・・

なおマンガやラノベはそれなりに売れている


41 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:01:27.04

>>34
漫画は電子書籍の売り上げが紙媒体のそれを上回った。


55 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:04:02.13

>>41
紙だけでみると3割くらい落ちてるのな
電子と合計すると若干増えてるけど


40 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:01:12.39

俺「○○って本は置いてますか?」
書店員「そちらはお取寄せになります」
俺「じゃあ取り寄せお願いします」
書店員「それではこちらにご記入お願いします」
俺「いつごろ届きますか?」
書店員「確認しないと分からないのですが版元に在庫があれば2週間ほどで届きます」
俺「そんなにかかるんですか?」
書店員「在庫が無い場合はもう少しお時間掛かります」
俺「在庫の有無はいつ頃分かるんですか?」
書店員「取次に確認しますので2、3日お時間を・・」
俺「分かりました。なるべく早くお願いします」


67 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:05:57.35

>>40
これにつきる


63 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:05:10.08

意外に思うだろうが、アマゾンでも取り寄せにおそろしく時間がかかる場合がある
2月中旬に注文した洋書がまだ届かない


70 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:06:08.65

>>63
なあに、かつては船便で半年かかったこともあるさ


87 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:10:06.37

>>70
紀伊国屋とか丸善の洋書取り寄せって忘れたころに
来るもんだったよな。しかも来たら思ってたのとちょっと
違ったりして…


76 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:07:08.32

中古本の買い取りが安すぎるから、本を買うのがバカらしい。
これじゃ~ 誰も本を買わなくなって当然!

消費者の問題では無く、業界の体質の問題。


97 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:11:33.75

>>76
本屋が元気だった時も本のリセールバリューを考えて買う人っていなかったと思う。


80 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:07:57.09

おまいら四季報はどこで買う?


89 名無しさん@1周年 :2019/05/21(火) 15:10:06.91

>>80
大和の優待




最後までお読み頂きありがとうございます
別記事・新着記事はこちらからどうぞ

カテゴリ一覧
TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加