カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn、1954年3月9日 - )は、フランスの自動車メーカーのルノー、日本の自動車メーカーの三菱自動車工業の取締役。 ルノー、日産自動車、三菱自動車工業の株式の相互保有を含む戦略的パートナーシップを統括し、2010年以降全世界自動車市場の約10%のシェアを持つ
57キロバイト (6,824 語) - 2019年4月25日 (木) 17:06



(出典 assets.bwbx.io)


みんなの意見は?

1 ばーど ★ :2019/04/26(金) 07:44:05.90

 会社法違反(特別背任)の罪で起訴された日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)が再び保釈された。東京地裁は証拠隠滅の恐れを認めながら保釈を決定する異例の判断に踏み切った。弁護側は「問題ない」とする立場だが、検察側は「現実に隠滅行為がある」と主張。「これが許されるなら日本の刑事司法は崩壊する」(幹部)と猛反発している。

 「地裁は証拠隠滅の恐れが低いと判断したのではない。それを認めたのに保釈決定を出した。全庁的に怒り狂っている」。ある検察幹部は憤りを隠さない。

 地検の久木元(くきもと)伸次席検事は「事件関係者に対する働きかけを企図していたと認めた上、保釈を許可したのは誠に遺憾」と裁判所の決定内容に言及する異例のコメントを出した。

 特捜部が家宅捜索で押収した携帯電話などから特定した「働きかけ」の一つは具体的だ。関係者によると、ゴーン被告が金融商品取引法違反容疑などで勾留されていた昨年12月ごろから今年1月上旬、妻のキャロルさんに指示し、日産資金を不正支出したとされるサウジアラビアの友人と日産のフランス人幹部の2人に対し、支出が正当なものだと説明するよう求めるメールを送信させたという。

 その後、1月8日に地裁で行われた勾留理由開示手続きの中で、当時の弁護団が「業務の正当な対価だった」などとする友人の証言を裁判官に述べた。

 キャロルさんは日産資金を不正に支出させ、自身に還流させたとされるオマーンの販売代理店の関係者とも接触している可能性があるという。

 地裁は保釈決定で、昨年12月ごろから2月上旬ごろの間、ゴーン被告による事件関係者への「働きかけの企図」があったと認定。証拠隠滅を疑う相当な理由があるとした。一方で弁護人らの指導、監督が徹底されていることなどを理由に、キャロルさんを接触禁止対象の事件関係者に加えるに留め、保釈を許可した。

 弁護人の弘中惇(じゅん)一(いち)郎(ろう)弁護士は当初、「接触の事実はない」などと否定していたが、25日には事実関係には触れず、「保釈条件が設定される前に、妻が知人に会うことを特別悪いと思うのはおかしい」と反論した。

 一方、別の検察幹部は「ゴーン被告を拘束することを恐れる理由が分からない。そこまでして『人質司法』批判を避けたいのか」とした上で「これほど証拠隠滅を証明できたケースはなく、今後はこの誤った運用が定着していく」と他の事件への影響を懸念した。

 また、特捜部が22日の起訴後に求めたゴーン被告の弁護人以外との接見禁止について、地裁は証拠隠滅を図る可能性を認めた上で、ゴーン被告が勾留されていることから、それを防止できるとして退けていた。

 検察関係者は「勾留されているから証拠隠滅は防止できると指摘しておきながら、身柄拘束を解く決定を3日後に出す。明らかに地裁の判断は矛盾しており、『保釈ありき』ではないか」と疑問を投げかけた。

4/26(金) 0:02
産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190425-00000613-san-soci

(出典 lpt.c.yimg.jp)





20 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:53:37.39

>>1
> そこまでして『人質司法』批判を避けたいのか

そうだよそれしかないよ


50 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:59:34.98

>>1
戦前でも逮捕後、弁護士は呼べた。
1925年に治安維持法が制定されたあとでもだ。
弁護士を逮捕後、呼べなくなったのは1941年の
治安維持法の全面改定後。それが戦後何十年も
続いている方が、おかしいだろ!


56 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 08:01:29.32

>>50
治安維持法 
まさに必要な時代になったなw
なんつー先見の明


53 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 08:00:58.41

>>1
>特捜部が家宅捜索で押収した携帯電話などから特定した「働きかけ」の一つは具体的だ

>地裁は保釈決定で、昨年12月ごろから2月上旬ごろの間
ゴーン被告による事件関係者への「働きかけの企図」があったと認定
証拠隠滅を疑う相当な理由があるとした


この辺がすでにウソくさいwwwww
サンケイだけに余計にウソくさいwwwww
隠ぺいの意図があるなら
そんな連絡のやり取りをダイレクトにやるはずがないwwwww

しょせんはいつもの妄想捏造検察ネタに過ぎないか


79 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 08:08:40.42

>>1
地裁、もとい知〇〇〇裁だからな・・・期待に応えないのが地裁、トンデモ判決だすのも地裁。


92 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 08:11:45.64

>>79
高裁でも殆どの裁判はほぼ同じ結果という事を知らないアホが良くこういう事を言い出すw


2 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:45:44.27

これは控えめに言ってもかっこいいな。

(出典 www.yomiuri.co.jp)


3 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:46:05.13

*判事だらけ。


64 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 08:04:23.77

>>3
世間には知られてないけど、日本の地裁・裁判官はブラックなお仕事です。
対応不可能なほど多くの裁判を担当させられて、常に時間に追われてる。
はやく改善してあげないと、精神がおかしくなると思うよ。


82 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 08:09:06.11

>>64
しかも残業代ゼロ


4 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:46:41.50

検察が裁判所を恫喝する
これが噂の中世司法か


25 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:54:58.90

>>4
三権分立が機能しているとも言う
すくなくとも検察と司法が仲良しこよしよりよい
エリート裁判官様にとっては修習時代成績の悪かった奴らがなんか喚いてるってだけだろうがw


72 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 08:07:28.45

>>25
修習時代の成績で裁判官(検察官)になれるかどうかが決まるの?


7 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:48:42.26

怒りは焦りと比例する。
「怒り狂っている」ともなれば、特捜部は相当やばい状況なのだろうw


14 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:51:52.65

>>7
ばかなのか?
証拠隠滅されたら勝てるものも勝てなくなるだろ
裁判所が犯人の証拠隠滅のほう助してるんだから、怒り狂って当然だろ
お前は*なのか?


29 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:55:16.00

>>14
証拠隠滅する前に何とかしろよ、なに仕事サボってるんだよ


13 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:51:16.21

フランスの上級国民>日本の上級国民


89 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 08:10:58.76

>>13
逆だろ
ゴーンは保釈金を払ってる。


22 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:54:24.00

無能
確たる証拠も無しに動くからや


30 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:55:18.43

>>22
官邸にやれって言われたんだもん…


36 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:57:00.44

最初に逮捕拘束してから何ヶ月も経ってるのに今更証拠隠滅のおそれがあるとか。
検察アホじゃねーの?


45 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:58:52.85

>>36
余罪がどんどん出てきてるから追いつかないんだよ


49 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 07:59:26.45

証拠隠滅とか言ってるけど現時点で決定的な証拠が無いということは、白なんじゃないの?


84 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 08:09:47.48

>>49
決定的な証拠ってそんなには無いだろ?
あらゆる証拠を集めてから、それを元に違法かどうかを裁判して、証拠が不十分なら無罪(白ではない)になるのが司法裁判なんだから


67 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 08:05:06.78

判らんな何でフランスごとき世界一の嫌われ自惚れ先進国に気を使わにゃならんの?
あんなもん逆に黙れ野蛮人てやったれよ


73 名無しさん@1周年 :2019/04/26(金) 08:07:40.73

>>67
もう世界中がこの裁判を注目してる、そりゃ日本人裁判官は萎縮して自身無くすだろ、なんちゃって裁判で今までやってきたのが、世界中にバレるからな




最後までお読み頂きありがとうございます
別記事・新着記事はこちらからどうぞ

カテゴリ一覧へ TOPページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加