日本語教育(にほんごきょういく)とは、外国語としての日本語、第二言語としての日本語についての教育の総称である。 日本語教育とは通常、日本語を母語としない人(主に外国人)に対し、日本国内外で、日本語を指導することを指す。ただし、日本語を母語とする人を対象とする「国語教育」を「日本語教育」と表す場合もある。
15キロバイト (1,725 語) - 2020年1月8日 (水) 20:27



(出典 www.nihongokentei.jp)


なんで表現・単語がこんなに多いんだ!

1 首都圏の虎 ★ :2020/01/18(土) 10:08:42.06

日本人の識字率は高かった

 日本人は元々学習意欲が高い民族で、今でもお稽古事・各種スクールのビジネスは活況だ。すなわち、それだけ多くの意欲的生徒が存在するということである。

 この学習意欲の高さは、少なくとも江戸時代の寺子屋までさかのぼるだろう。明治開国の際に、西洋人が驚いたことの1つに「日本人の識字率の高さ」がある。

 当時は、欧州先進国でも、読み書きができるのはそれなりの階級の人に概ね限られていたのだ。しかし、日本では寺子屋教育によって庶民でも読み書きができた。これは、彼らにとって「驚愕の事実」であった。

 さらに時代を下れば、紫式部の源氏物語(文献初出は1008年)は世界に誇る古典文学だ。また、同時代の清少納言は枕草子を著したがどちらも女性だ。貴族階級とはいえ、文学作品を書けるほどの国語教育を女性が受けていたのは、当時の世界状況を考えれば重要なことである。

 また、「徒然草」は日記文学の最高峰と言えるが、現代の日記であるブログも日本人の独壇場かもしれない。

 少し古い資料だが、米ブログ検索サービスTechnoratiが2006年第4四半期に行った調査では、日本語のブログは全体の37%で、シェア36%の英語ブログをわずかながら抜いている。言語の使用人口を考えれば、これは驚くべきことだ。

 このような、日本人の「読み書き能力」の高い水準は、貴重な文化的伝統だが、高い読み書き能力を持つ人々を前提にしているため、日本語は「高度に洗練された言語」である。

 したがって、「高度に洗練された言語」を駆使するための高水準の語学教育が継続的に行われ、さらに日本語が洗練されていくという循環が起こる。

 我々は、当たり前すぎて意識していないが、ひらがな、カタカナ、漢字、さらには最近ではアルファベットまで駆使する日本語の読み書きは極めて複雑な行為なのだ。実際、1つの言語の中で、表音文字(カタカナ・ひらがな)と表意文字(漢字)を柔軟に組み合わせたケースは珍しい。

 アルファベットだけの英語などの言語、漢字だけの中国語と比較すれば一目瞭然である。ちなみに、私が知る範囲では、バイリンガル・トリリンガルの帰国子女は、カタカナ・ひらがな、それにごく簡単な漢字は使えても、新聞レベルの漢字はお手上げである。


外国語コンプレックスは間違いである

 やたら英語などの外国語を有り難がる風潮が愚かしいことは、7月30日の記事「『英語の社内公用語化』ブームが、ひそかに大失敗に終わりそうなワケ」で述べたが、「日本語という高度に洗練された言語」を世界に広める価値は大いにあるし、積極的にそれを行うべきである。

 確かに、政治力、経済力で日本語圏が英語圏に劣ることは認めざるを得ない。しかし、英語圏の人間は政治力・経済力で劣ったフランス語圏の言語を有り難がって使う。

 もっとも、彼らのほとんどが前記記事のようにフランス語を話せないので、英語の会話にこれ見よがしにフランス語を忍び込ませるだけだが……。

 日本も、ようやく「クールジャパン」という言葉で、自国文化の価値の再認識を始めている。

 太平洋戦争での敗戦の痛手が大きく、それまでの貴重な文化も旧弊として「廃仏毀釈」のように打ち壊されてきたが、今、貴重な文化が見直されているのだ。

 政府の積極的な後押しもあるが、日本に魅力を感じ訪日する外国人が増えているのは事実である。

 日本人は、謙虚さを美徳としておりそれも日本文化の一部だが、傲慢にならない範囲で、日本語や日本文化の素晴らしさをもっとアピールしても良いのではないだろうか。
.
全文はソース元で
1/18(土) 10:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200118-00069638-gendaibiz-soci





98 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:59:26.32

>>1 実際日本語はいいんだけど、一部のカタカナ語だけはイマイチ。
外国の固有名詞や新語は、全部アルファベットで英語表記がいい。翻訳もカタカナ変換もいらない。


3 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:10:42.53

日本語を覚えるだけで、言語学習の力を、全部使い果たしちゃうから(´・ω・`)


18 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:23:03.90

>>3
日本語に脳のリソース全部使っちゃうよね


5 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:14:34.04

コンピュータ関連にカタカナ用語が多いのはやむを得ないか


12 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:19:21.84

>>5
むしろカタカナで取り込めるのが日本語の凄いところ


20 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:23:28.30

>>12
表音文字だからやりたい放題

なお偉大なる漢字様のサポートがないと性能低下が著しい模様


79 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:51:21.92

>>5
無理に翻訳したりすると余計意味不明になるので
元の言葉をそのまま使ってるという話。

TSS:タイムシェリングシステム:時分割システム とかw

あっちでも逆があるでしょ。もったいない とか 当てはまる単語がないとかなんとか


6 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:14:44.70

お通し文化もけいぞくで


41 本家 子烏紋次郎 :2020/01/18(土) 10:31:29.95

>>6
テーブルチャージ 席料だからね


10 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:17:41.20

日本はとうとう先進国を辞めたんだな


24 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:25:20.17

>>10
日本はいつでも発展途上国。まだまだ発展するよ、これからもね(とかねw)


13 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:19:30.06

漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベット
四系統の文字を使うのって日本人ぐらいか?


40 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:31:28.93

>>13
それくらい家の猫でも使う


16 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:20:46.92

実は日本人は世界的に見ても楽譜を読む力が高いんやで。


23 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:25:09.59

>>16
ドラム譜なら読めるけどピアノのやつはまだまだ音階と一致しない


17 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:21:55.45

識字率は高いが国民は馬鹿で、偏差値高い学校を出た官僚や国会議員は自分たちの
利益しか考えない。しょうもない国だ。


34 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:29:52.31

>>17
お前がバカなのは そういうトコだぞww


30 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:28:00.65

言語的なハードルの高さは国防に役立ってると思う


92 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:56:59.45

>>30
日露戦争や第一次大戦、その後の軍縮会議の駆け引きの際、情報ダダ漏れがおきた。
日本語が特殊で言語的ハードルが高いから、相手には分からないだろうとタカを括っていた。
日本軍・外務省が使っている暗号を暗号だと思っているのは日本人だけだと言われていた。
ヤードリー「ブラックチェンバー」で暴露されたのがいい例


31 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:28:25.05

書いてある通りに読まない、発音しない英語が世界標準になってしまったのが不幸だな


73 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:48:11.47

>>31
漢字をめちゃくちゃに読む日本人がそれ言うの?


38 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:30:49.86

紫式部の源氏物語(文献初出は1008年)は世界に誇る古典文学?
原典が残っていないからそうは言えないよ。
転写、転写で誰が書いたかも不明だし。


(出典 er-static.s3.amazonaws.com)


50 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:35:02.95

>>38
一応教えといてあげるけど
日本に限らず古典は全て写本で伝えられてきたんだぞ


55 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:40:17.63

放送大学で日本語は漢字、ひらがな、カタカナ ローマ字と表現方法が国際的にみても
多種で表現力が優れている言語だと宣っていた爺様博士がいたよ。今年になってから?
 ノーベル文学賞はアルファベットで書かれた作品が殆どですよね、昨年の名前忘れたが
在住英国人の日本ルーツの石黒先生も英語で 私達が孤児だったころ を書いている。


58 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:43:00.93

>>55
日本在住の数学者ピーター・フランクル(ハンガリー系ユダヤ人)が、
安易な英語の第二公用語に反対している。
彼の言い分は、実にユニークで単純明快。
さすがは世界的な数学者と思わせるものがある。
彼によれば、「大事なのは世界でも有数の難しい言語である日本語を
完璧にマスターする方が大事であり、安易に英語を小学生のうちから公用語化すると、
日本人の知的水準の低下をもたらす危険がある」との見解である。
また彼は「日本人に数学の面でも優秀な人が、多いのは、
難しい日本語という言語を使いこなす能力を持っているからだ」とも指摘する。
だからまず第二公用語などと、考えずに完璧な日本語教育を
施した方がいいという訳である。


(出典 shop.r10s.jp)


72 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:48:06.15

>>58
日本の数学レベルは韓国に負けてるのですが……
韓国語の方が難しいのに韓国人は英語も喋れると
朝鮮人優秀だなあ
日本人が在日に支配される訳だわ


95 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:58:14.88

>>72
ハングル=平仮名


75 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:49:34.44

>>58
スパイ


68 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:47:02.68

日本語の良くないところ

・発音が少なすぎる
・会話の情報量が少なすぎる
・非漢字圏で幼少期を過ごすと漢字の暗記が絶望的


69 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:47:18.43

識字率の向上は明治政府が義務教育をはじめてから飛躍的に伸びたのであって
江戸時代は人口の8割を占める農民の殆どが文盲だよ

外人がやって来た都市部に住んでいた人間だけを指して「江戸時代すげー」なんて言われてもね…


81 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:52:44.83

>>69
当時は都市住民であっても庶民は文盲が普通
大半が字を読めるなんてのは驚異的だったんだよ


93 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:57:06.51

>>81
しかも、簡単な表音文字なのにな


89 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:56:07.21

>>69
>外人がやって来た都市部に住んでいた人間だけを指して「江戸時代すげー」なんて言われてもね…

当時の欧米都市部の識字率が低かったってこったが?


90 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:56:08.02

>1
まあ移民入れたから日本語の価値も落ちるよ
移民は日本語に義理はないからな


99 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:59:57.22

>>90
真面目な雑談のひとつに俺たち生きてる間は日本語が通じる国なら良いなと話したりしてるわ
まずは外国語の1つや2つ学ぼうとしなかった未熟さに駄目人間だなとみんなと落ち込んだり


97 名無しさん@1周年 :2020/01/18(土) 10:59:00.37

文学作品でしか見たことないけど、おトクだねを「経済ね」って言うのちょっと好き




このエントリーをはてなブックマークに追加

最後までお読み頂きありがとうございます
別記事・新着記事はこちらからどうぞ

カテゴリ一覧
TOPへ戻る