(出典 bizseeds.net)


一人称なのか

1 次郎丸 ★ :2020/02/07(金) 20:15:39.82

※一部抜粋
私のことを“they”と呼んで
2020年2月7日 19時27分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200207/k10012276321000.html

去年、日本ではラグビー日本代表のスローガン「ONE TEAM」が「新語・流行語大賞」の年間大賞に選ばれました。実はアメリカでも、大手出版社が、毎年「ことしの言葉」を発表しています。去年、選ばれたことばは「they」です。「彼ら・彼女ら」を意味する「they」は、昔からあることばなのに、なぜ選ばれたのでしょうか。そして、このことばをめぐり、アメリカで巻き起こっている議論とは。
(国際部 記者 藤井美沙紀)

■“they”とは?
「they」ということば。中学の英語の授業で、「彼ら・彼女ら」という2人以上の人を指す呼び方として習ったと思います。

実は、いま、アメリカでは「he(彼)」でもなく、「she(彼女)」でもない、性的マイノリティーの人たちに対して、「they」を使う動きが広がっているのです。

そして、1人でも「they」を使うのです。

「they」ということばを、2019年の「ことしの言葉」に選んだ辞書などを販売している大手出版社、メリアム・ウェブスターによりますと、アメリカには、性別を問わず、1人称として使う「thon」ということばがあったそうです。しかし、あまり使われず、辞書から削除されました。

その代わりに使われるようになったのが、「they」です。

もともと、特定の人物が男性か女性か分からない時に、「he」や「she」の代わりに使われていたこともあり、性的マイノリティーの受け皿として広がっていったといいます。

そして、この「they」を使う場合、動詞は複数形で、「youが1人の場合でもareという動詞を使うのと同じ」だと説明しています。

アメリカの女性議員が自分の子どもの代名詞を「they」だと公表したことや、イギリスのシンガーソングライターが自分を「they」と呼んでほしいと訴えたことなどが大きな話題となり、このことばの検索回数が大幅に増えたことなどから、出版社は「ことしの言葉」に選んだとしています。

※中略

■根強い反対 割れるアメリカ社会
しかし、アメリカでは、「they」が広がる一方で、反対の声も根強くあります。キリスト教の保守派を中心に、性的マイノリティーを否定する人が少なくないからです。
「ギロチンにかけたほうがいい」。「精神を病んでいる」。サクライさんを取り上げたネット上のニュースには、心ないコメントが多く寄せられていました。

■キリスト教 保守派「性別は神が定めたもの」
南部ジョージア州の教会を訪れました。ジョージア州は、南部から中西部にかけて広がる、聖書の教えを重視するキリスト教の保守派が多く住む「バイブルベルト」に位置しています。

12月のある日曜日。50人ほどの信者が集まると、牧師は説教を始めました。その中で、性的マイノリティーについても触れました。
「性的マイノリティーは、不適切な言葉の使い方を周りの人々に強要しています。非常に不愉快で、不潔で不名誉なことです」

強い表現に驚きましたが、その後も、1時間半におよぶ説教のなかで、牧師は繰り返し性的マイノリティーを批判したのです。

こうした保守派は、「性別は神によって定められたもの」と強く考えているため、「they」には否定的なのだといいます。説教のあと、ある男性信者は、「聖書では、性的マイノリティーは危険だと教えています。男は男、女は女なのです、性別のない呼び方なんて絶対に使いません」と話していました。

■賛否は真っ二つ
リベラルとされるニューヨークでも、「they」の呼び方に賛同する人が多くいる一方で、否定的な声も聞かれました。

中には、「絶対だめ」という強い否定派もいれば、文法的な違和感から「理解することは重要だが、私なら名前で呼ぶ」という人もいました。「they」をめぐる議論は、データからも二分していることがうかがえます。

(出典 www3.nhk.or.jp)


アメリカの世論調査機関、ピュー・リサーチセンターが、「they」などの性別を特定しない呼び方についてどう思うか聞いたところ、肯定派は52%、否定派は47%と、賛否が真っ二つに分かれていたのです。

※以下省略





37 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:20:38.31

>>1
「ああ、アイツらね」的な感じ?


38 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:20:53.17

>>1
めんどくさいからITで


48 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:22:01.30

>>38
“それ”が見えたら、終わり。


50 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:22:13.20

>>1
ゼイリブ という宇宙人のはなしがあってだな 


86 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:26:48.21

>>1
itでいい?


4 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:16:35.98

日本では税です


10 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:17:35.72

日本語に訳すと「奴ら」


15 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:18:23.29

のちのゼイリブである


55 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:23:11.49

>>15
これで埋め尽くされてるとウキウキして開いたのに


28 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:19:34.34

呼んでほしきゃTheyって名前に改名して名札でもつけときゃみんなその名で呼んでくれるよ


29 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:19:37.86

”おまえら”は英訳するとits


36 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:20:34.72

思想が絡むと一人称まで役に立たなくなってくるのか

でもまあライト兄弟がずっとWeを使ってたってのは聞いたな


40 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:21:09.38

theyやっちゃいなよ


43 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:21:31.80

言葉が少ないってだけの話だろ?
日本がそれに合わせる必要なんて皆無だよ
日本はいくらでも造語可能


49 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:22:10.87

That が適正だな

人称はおこがましいし、itよりもうすこし距離が欲しいわ


54 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:23:04.09

they(面倒な奴等)


57 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:23:15.42

they 金泥棒


67 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:24:49.29

>>57
高評価


59 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:24:12.79

日本語の「君」は男女共に使えるな
日本語優秀


60 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:24:13.58

よい対応だと判断できましたw
おめでとうw


65 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:24:35.56

自分をtheyって多重人格者のことだろw


66 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:24:48.41

>>1
>特定の人物が男性か女性か分からない時に、「he」や「she」の代わりに使われていたこともあり、
特定の人物が男性か女性か分からない時に使うのは「he or she」だな
法律の条文では常にそうだ


77 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:26:10.27

英語は人称や数による活用ごっそり削ったから
主語の単複やめたら過去形とかはややこしい場面も出てきそうだな


79 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:26:21.26

もともと、特定の人物が男性か女性か分からない時には、 'he or she' でしょ?
というか、男性か女性かよくわからない対象なのであれば、別にどちらかでも問題はない。
だってよくわからないんだから。


80 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:26:20.90

they = 性別が良くわからない男女

it = アレ


81 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:26:23.73

10年もしないうちに呼ばないでって言いそう


84 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:26:44.70

そうとしか呼んじゃダメってなるから厄介ではあるよな
万人を納得させる答えはない難しいですよ


100 名無しさん@1周年 :2020/02/07(金) 20:28:32.36

船をsheと呼んだりする女性名詞も無くなるそうな。
まるでオーウェルの1984のニュースピークだよ。人間は言葉で概念を考える。だから言葉を減らして複雑な概念を考えれないようにして大衆を奴隷化する。




このエントリーをはてなブックマークに追加

最後までお読み頂きありがとうございます
別記事・新着記事はこちらからどうぞ

カテゴリ一覧
TOPへ戻る