TOPページ
トップページ > >
★おすすめ記事★

★★新着記事一覧・New article list★★

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。左利き。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ・ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
40キロバイト (5,537 語) - 2020年4月5日 (日) 16:14



(出典 www.lmaga.jp)


もう復帰は難しいだろ

1 臼羅昆布 ★ :2020/04/05(日) 14:41:07 ID:kPPTMEF+9.net

2020年04月05日 14時30分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1804869/

お笑いコンビ「TKO」木下隆行(48)が5日放送の「ワイドナショー」に出演し、後輩芸人へのパワハラなどについて語った。
コメンテーターのお笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(56)は「昨日、木下に電話したのよ、別にワイドナショー、出なくてもいいんちゃうかって。
 木下がいいんなら迎えるけど、もし、オレの仕事を断れないみたいな感じで来るんだったら、いいんちゃうって」と舞台裏を披露。
これに木下は「6か月、テレビに出ていなかった。正直に話す場をもうけていただいて、本当に感謝です」。
そして、これまで報じられた後輩芸人へのパワハラを「事実です」と認めた。
黙って聞いていた松本は「木下はちょこちょこ一緒に飲んだりする仲で、オレの中では悪い木下を知らない。そんな悪いやつなのって、にわかに信じられない
 部分があった」としつつも「でも、お前がノリでやっても、相手にノリが伝わってなかったら、それはアカンからな」と指摘。
木下は大きくうなずいた。
さらに松本は「こういうことになっても、直接の後輩たちから『木下さんはそううじゃない』っていうのがない。それは重く考えた方がいい」と言いながらも
「ボクら、頭がおかしいので、こんな木下を笑えてしまう。一般の人たちの感覚ないから。オレの意見は参考にならない」と付け加えた。


【松本人志、TKO木下に対し「お前がノリでやっても…」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

非常事態宣言(ひじょうじたいせんげん)は、災害などによる国家などの運営の危機に対して、緊急事態のために政府が特別法を発動することである。 戒厳と似ているが、戒厳では国の立法、司法、行政という統治権の一部または全部を軍に移管する。 対象には武力攻撃、内乱、暴動、テロ、大規模な災害などのほか、鳥インフ
18キロバイト (2,056 語) - 2020年4月5日 (日) 17:24



(出典 www.asahicom.jp)


ロックダウンの方が重要では?

1 孤高の旅人 ★ :2020/04/06(月) 03:24:06 ID:2yCzwB5X9.net

【速報】緊急事態宣言、東京・大阪・北海道・埼玉など候補に
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3948922.html

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が「緊急事態宣言」を出した場合の対象となる候補地として、東京や大阪など複数の都道府県を挙げ、準備を本格的に進めていることがわかりました。
 緊急事態宣言を出す場合、政府はあらかじめ対象となる区域や期間などを定めることになっています。

 関係者によりますと、国内での感染拡大を受け、政府が「緊急事態宣言」の発出に向けて対象の候補地や期間などの具体案を固めたことがわかり、候補地には東京都と大阪府のほか、北海道、埼玉県など複数の都道府県が挙がっているということです。


【緊急事態宣言の候補地に東京・大阪・北海道・埼玉など】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。左利き。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ・ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
40キロバイト (5,537 語) - 2020年4月5日 (日) 16:14



(出典 tk.ismcdn.jp)


偉大な先輩って感じかな

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/05(日) 11:57:34 ID:jGzggjfe9.net

ダウンタウンの松本人志(56)が5日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(前10・00)で、新型コロナウイルス感染による肺炎のため70歳で死去したタレントの志村けんさんとの思い出を語った。

「先週(この番組で)コロナに志村さんが…っていうのをやって、その1週間後に…」と複雑な思いを語り出し、「毎日1回は志村さんのこと考えますね。これは、しょうがないな。いつまで続くのかな」と告白。

「僕らの世代は特に、喜劇が得意な若者が急に出てきて、喜劇王になるまでをずっと見てきた世代ですから。何か、たまらないですけど」とショックを受けている様子。

過去の映像を見て「髪の毛、フッサフッサやったのに、あんなに…」と薄毛になってからの印象についてもジョークで紹介。薄毛なのに「ヅラ被るからね。マトリョーシカ(人形)みたいなもんや」と笑いを誘った。

最後に会ったのは昨年6月、焼き鳥店で。「僕ら他のスタッフと行ったら志村さんがいらっしゃって。“オレのおすすめ”って裏メニューを出してくれ、後で聞いたら志村さんが払ってくれたみたいで」と、その日の代金をこっそり支払ってもらっていたという。

「微妙な女性と居ました。それが志村さんなのよ。いつも微妙な女性と一緒にいるの」と暴露すると、共演者から「言わんで、ええやん、そんなこと」と突っ込まれた。

https://news.livedoor.com/article/detail/18073709/
2020年4月5日 10時40分 スポニチアネックス


【松本人志が毎日1回は考える志村けんとの思い出 「いつも微妙な女性と一緒にいるの…それが志村さん」】の続きを読む

★こちらもおすすめ★