(出典 cdnx.natalie.mu)



1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/15(火) 12:34:19.88 ID:SUijIQTb9.net

1月14日に『帰れマンデー見っけ隊!!3時間SP』(テレビ朝日系)が放送され、コーナー『帰れま10』に木村拓哉が出演した。
新年に入り木村のバラエティ番組出演本数が増加しているが、ファンからは木村の「老化」を指摘する声が続出した。

東野圭吾原作の『マスカレード・ホテル』(18日公開)PRのため、木村は『さんタク』(1日、フジテレビ系)、『モニタリング』(2日、TBS系)など数々の番組に出演している。
今後も『ホンマでっか!?TV』(16日、フジテレビ系)、『鉄腕!DASH!!』(20日、日本テレビ系)など人気番組への出演が予定されている。

この日、バーミヤンで収録した『帰れま10』には映画で共演する石川恋、篠井英介とともに出演。途中から長澤まさみも合流し、人気メニュートップ10を当てるべく予想を続けた。

木村はロングヘアでロケ現場に登場。中央やや右から髪を分ける通常通りの出で立ちだった。
木村は3品目でエビチリ(8位)を予想して的中させ、4品目では篠井の予想をアシストして麻婆豆腐(10位)を当て、番組を盛り上げた。

上から録った木村の写真が…
的中させるたびに立ち上がり喜びをあらわにした木村。カメラは終始木村をやや下から録ることとなったが、テロップ用に使用された木村の「顔写真」はやや上のアングルから撮影したもの。
木村の顔写真が出るたび、「センター分け」の木村の頭頂があらわになっていた。

視聴者はこれを見て

《キムタクすっかりおっさんになったなあ》
《キムタクもハゲてきたな》
《キムタクの分け目、ちょっと薄い…》
《キムタク髪の根元染め直したのか、白髪が茶色く染まったのか知らないけど、分け目が薄く見えるからどうにかしてほしい》

と心配の声を上げた。

一方

《白髪はキムタクでも隠せないのね。ちょっと安心》
《しかしキムタク白髪多いんだなぁ》

との声も。親近感を抱く視聴者がいたのも事実のようだ。

親近感を抱かせ映画を成功に導く「作戦」ならいいのだが…。

http://dailynewsonline.jp/article/1652867/
2019.01.15 11:02 まいじつ


【木村拓哉『老化』の証拠に視聴者が心配した「カメラアングル」とは】の続きを読む



(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



1 ばーど ★ :2019/01/16(水) 10:04:13.94 ID:5dabn0u69.net

女優深田恭子(36)主演のTBS系ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(火曜午後10時)の第1話が15日に放送され平均視聴率が8・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。

同ドラマは、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あき氏による同名漫画が原作の笑って泣いてキュンとするラブコメディー作品。深田演じる人生なにもかもうまくいかない、いちいち残念なしくじり鈍感女子の順子。そんな順子の前に、永山絢斗(29)横浜流星(22)中村倫也(32)らタイプの違う3人の男性が現れることから、順子の人生のリベンジとも言える闘いが始まる。

第1話の内容は、恋も受験も就職も失敗した32歳のアラサー女子・春見順子(深田恭子)は、やる気も希望も何もなくクビ寸前な三流予備校「山王ゼミナール」で講師をする日々を送っていた。そんな順子に、いとこで東大出のエリート商社マン・八雲雅志(永山絢斗)は、ひそかに想いを寄せているのだが、恋愛方面には全く免疫がなく、スーパー鈍感な順子は雅志の気持ちに全く気付いていない。

ある日、ひょんなことから知り合ったピンク髪のイケメン不良高校生・由利匡平(横浜流星)が「俺を東大に入れてくんない?」と順子のいる山王ゼミナールにやって来る。名前を書けば入れるおバカ高校の生徒が東大合格なんて。ましてや東大受験に失敗した私が人を東大に合格させるなんて、「絶対に無理!」と断る順子だったが…。

1/16(水) 9:53
日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00447935-nksports-ent

(出典 lpt.c.yimg.jp)


【「初めて恋をした日に読む話」 深田恭子 初回8・6%【ドラマ視聴率】】の続きを読む



(出典 pbs.twimg.com)



1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/15(火) 15:05:52.60 ID:SUijIQTb9.net

1月14日、テレビ朝日の特別番組『帰れま10』に木村拓哉が出演した。

木村は『帰れま10』には、ここのところ年1回のペースで出演しており、今回はファミリー中華チェーン店「バーミヤン」での人気メニュートップ10を当てる企画に参加した。

そんな『帰れま10』の出演に意欲的な木村だが、視聴者からはこんな声もあったという。
木村は2018年1月に出演した『帰れま10』にて、テーブルに肘をついて食べる姿や、舌を出して食べ物を受ける所謂「迎え舌」など食事マナーがあまり良くない側面があり、
これらの癖はSMAP時代から多くの視聴者から指摘されており、時には新聞紙面へクレームの声が投書されるなどしていた。

ところが、今回は流石の木村もようやく自身の食事マナーの悪さに気がついたのか、「迎え舌」を披露するシーンはあまりなく、
餃子やラーメンを食べる時は自ら手や器で口元を隠す、または編集段階で食べる瞬間の口元がカットされるなどの配慮が見られた。

事実、この日放送された『帰れま10』では、同じくゲストとして企画に挑戦した三四郎の小宮浩信から「木村拓哉はインターネットに上がっている批判や悪口をチェックしているのか」との質問が飛び出した際に、
木村は「(SNS上の批判)は上がっているものに関してはチェックしている」、「そういう捉え方もあるのか、と参考にすることはある」と、インターネットに上がっている意見は、全てではないが参考にしていることを明かしていた。

恐らく、今回の『帰れま10』での食事マナーの改善は、行儀の悪さを指摘された木村および周囲のスタッフが視聴者から批判されないよう配慮した結果と思われる。

今年で47歳になる木村拓哉。アラフィフながら悪癖を更生するよう心がける意外な側面を見せた夜であった。

http://news.livedoor.com/article/detail/15874323/
2019年1月15日 12時15分 リアルライブ


【木村拓哉、『帰れま10』出演で“不自然なカット” ネットで話題となった「悪癖」対策か?】の続きを読む

よく読まれている記事

    こちらもおすすめ!

    このページのトップヘ

    ↑このページのトップヘ