植物では、異なる遺伝情報を持つ細胞が縞状に分布するものを区分キメラ、組織層を形成して重なるものを周縁キメラと呼ぶ。それらは成長点細胞の突然変異や接ぎ木で生じる(接木キメラ)ことがある。 脊椎動物には移植免疫があるため、成体でキメラを作ることはできない。医学・獣医学では、2個以上の胚に由来する細胞集団(キメラ
8キロバイト (1,358 語) - 2019年7月10日 (水) 18:48


怖い…

1 ちーたろlove&peace ★ :2019/12/14(土) 21:22:36.12

【倫理とは?】中国の研究所が「カニクイザルと*とのキメラを誕生させることができた」との研究論文を発表

2019年12月13日(金)18時10分

<中国の研究所が「カニクイザルと*とのキメラを誕生させることができた」との研究論文を発表した......>

サルの細胞を宿した*が中国で誕生していた。中国科学院動物研究所傘下の幹細胞与生殖生物学国家重点研究室(SRLab)の研究チームは、2019年11月28日、学術雑誌「プロテイン・アンド・セル」で、「カニクイザルの胚性幹細胞(ES細胞)を用いてカニクイザルと*とのキメラを誕生させることができた」との研究論文を発表した。

体外受精させた*の胚盤胞4359個にカニクイザルの胚性幹細胞を注入し、これを雌*に移植したところ、子*10匹が生まれ、うち2匹が同一の個体内に異なる遺伝情報を持つ細胞が混じっている「キメラ」であることが確認された。
2017年には、ヒトの細胞を持つ*が誕生

この研究は、異種間器官形成によってヒトの移植用臓器を*やヒツジなどの大型動物の体内で培養させるという研究テーマのもとで行われたものだ。

2017年1月には「ヒトの細胞を持つ*を誕生させた」との米ソーク研究所の研究成果が明らかにされているが、この研究チームでは、倫理上の観点から、ヒトとよく似たカニクイザルを用いることにしたという。

研究チームは、*の体内でカニクイザルの細胞を追跡するため、緑色蛍光タンパク質(GFP)を生成するように遺伝子改変したカニクイザルの細胞を培養。この遺伝子改変細胞から胚性幹細胞を取り出し、受精から5日後の*の胚盤胞に注入した。

キメラとして誕生した*の心臓、肝臓、肺、膵臓、皮膚、子宮では、カニクイザルの細胞が確認されたが、キメラ率は0.001から0.0001と低かった。
大型動物でヒトの臓器を培養するための道をひらく......

誕生した子*はすべて1週間以内に死亡した。研究論文の共同著者であるハイ・タン氏は、その原因について「キメラとの関連性は低く、*には難しいとされる体外受精が影響しているのではないか」との見方を科学技術専門メディア「ニューサイエンティスト」で語っている。

キメラ率が低く、出生率も低く、誕生した子*の生存期間もわずかであったものの、研究チームは、「異種間器官形成のさらなる進化に寄与し、大型動物でヒトの臓器を培養するための道をひらくものである」として、一連の研究成果の意義を強調している。
(抜粋記事により全文はこちらへお願い致します。リンク先には動画があります。)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/12/post-13608_1.php

(出典 i.imgur.com)





24 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:32:32.69

>>1
社会共産主義国家に倫理や人権を求める事自体ナンセンスだと思わんとねw

目的のためなら手段は選ばんからねw


32 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:37:36.94

>>1
キメラの翼が25Gって安すぎるだろ!ってお前もちょっとは思うだろ?
そして全てがクリスマスに向けて動き出してるのは、かの有名なノストラダムスも予言している。


その大きな星は七日間燃える
巨大な黒雲が二つの太陽を現す
マスタンが夜通し吠え続ける
大祭司が居場所を変えるとき
(百詩篇第2巻41番より)


※大きな星=北朝鮮の国旗
 ニつの太陽=日本と韓国の国旗
 マスタン(mastin/獰猛な巨犬)=金正恩
 大祭司=キリスト

この詩を要約すると、
1行目は北朝鮮が7日間に渡って空爆されると読める。
2行目は日本と韓国に核爆弾が落ちると読める。
3行目は金正恩が怒り狂うと読める。
4行目はクリスマスを指すと読める。(クリスマスとはキリストの降誕祭を言う)

今月24日に、日中韓首脳会談が中国四川省の成都で行われることになった。
これはどこか違和感のあるニュースだ。何故なら安倍は文を嫌い続けてきたからだ。
それがさしたる理由も無く突然会う運びになるのは不自然極まりないと言える。
さらに場所が成都と(三国志ファンならご存じだろうが)中国の奥地なのが解せない。
これには何か裏があるハズだ。おそらくトランプは北朝鮮への軍事攻撃を決めた。
しかしそれを実行するには大きな障壁がある。韓国大統領の存在である。
在韓米軍を自由に動*ためには、文大統領に居てもらっては困るのだ。
遠方に呼んだのは、有事の際にすぐ帰ることが出来ないようにするためだ。
文が四川に居るうちにケリを付けてしまおうというのが日中米の密約に違いあるまい。
北攻撃を中国に承認させる見返りとしてトランプは関税の件で譲歩したのだろう。
日本に目をやると、安倍は今月15~17日に予定していたインド訪問を取りやめた。
(それもよく分からない理由で。)おそらく戦争間近でそれどころではないのだろう。
麻生は防衛大臣でもないのに、潜水艦「うずしお」に丸1日かけて試乗した。
有事の際は、中国に居る安倍に代わり現場の総指揮を執るための予行演習であろう。
安倍は中国、麻生は潜水艦と、2人ともが安全な場所に行くのがどうにも怪しい。
金正恩は「クリスマスプレゼントに何を選ぶかはアメリカ次第」と言っている。
ICBM発射の動きを見せれば、アメリカにとっては格好の攻撃理由にもなる。
在韓米軍の家族も、クリスマスであれば自然な形での退避が出来る。
全てがクリスマスに向けて動き出してるのは、ノストラダムスの予言通りなのである。
奇しくも今年はノートルダム(ノストラダムス)大聖堂や首里城が焼失するという
不可解な出来事も起こっている。危機はすぐそこまで迫っている。


3 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:23:14.16

カニクイザルに生きたカニを見せたらサルが逃げた


4 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:23:45.40

のちのジェノバ細胞である。


5 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:24:15.51

猪八戒でも作る気か?


6 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:24:16.07

見た目分からんな


9 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:25:19.64

そのうちリアルバイオハザードやらしそうだな


13 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:26:56.20

>>9
ユーラシア大陸*でしまうん?
浮遊して拡散すると世界が*でしまうん?


12 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:26:44.14

そら混ぜることはできるだろうが
人の臓器まで再現するのはこの研究じゃ進歩してるとは言えんな


14 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:27:32.89

アタマすり替え手術は成功したのかい?


16 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:28:17.85

天使と豚のキメラがいたよね?


35 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:38:54.62

>>16
来年は天使とネズミのキメラかな


19 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:28:58.55

こいつら改造人間をつくるぞ
実験台はチベット人


25 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:32:56.39

>>19
超人的な身体能力を持った改造人間に滅ぼされそう


38 名無しさん@1周年 :2019/12/14(土) 21:40:02.55

君のような勘のいいガキは嫌いだよ


(出典 scenario-mode.com)



(出典 i.pinimg.com)




このエントリーをはてなブックマークに追加

最後までお読み頂きありがとうございます
別記事・新着記事はこちらからどうぞ

カテゴリ一覧
TOPへ戻る