鳥類 (からのリダイレクト)
鳥類(ちょうるい)とは、綱(ちょうこう、Aves)すなわち脊椎動物亜門(脊椎動物)の一綱に属する動物群の総称。日常語で(とり)と呼ばれる動物である。 現生鳥類 (Modern birds) はくちばしを持つ卵生の脊椎動物であり、一般的には(つまり以下の項目は当てはまらない種や齢が現生する)体表
178キロバイト (22,915 語) - 2020年5月2日 (土) 00:10



(出典 www.seikatsu110.jp)


体験できたら面白そう

1 しじみ ★ :2020/06/17(水) 07:17:00.16

人間の目は赤・緑・青という3つの光の波長を知覚し、それを組み合わせることで多くの「色」を識別していますが、自然界には人間が知覚できない色を識別している生物も存在します。3年にわたる実験で、鳥が人間に識別できない「紫外線」まで識別し、人間とは全く異なる世界を見ていることを示した驚くべき論文が、新たに発表されています。

(出典 i.gzn.jp)


Wild hummingbirds discriminate nonspectral colors | PNAS
https://www.pnas.org/content/early/2020/06/09/1919377117

Hummingbirds Can See Colours We Can't Even Imagine, Experiment Reveals
https://www.sciencealert.com/hummingbirds-can-see-colours-we-can-t-even-imagine-experiment-reveals

人間の目は赤錐体(L錐体)・緑錐体(M錐体)・青錐体(S錐体)という3つの錐体細胞を持っており、それぞれの錐体が色を知覚し脳に情報伝達することで「色覚」を得ています。1つの錐体細胞は約100種類の色を識別しており、3つの組みあわせにより、人は合計100万色を識別可能だといわれています。

人間とは異なり、は虫類や鳥類は4種類の錐体を持っているため、色の識別プロセスも異なります。鳥は波長300~330ナノメートルの紫外線光を感知できるといわれており、『紫外線と赤』『紫外線と緑』の組みあわせも識別できると考えられてきましたが、実験によってそれを確認することは非常に難しいとされていました。

(出典 i.gzn.jp)


そんな中、プリンストン大学の進化生物学者であるマリー・キャズウェル・スタッダード氏ら研究チームは3年にわたる実験で、鳥の色覚を明らかにしました。

研究チームはまず、人間の目では知覚できない「非スペクトル色」と知覚できる「スペクトル色」で点灯するLEDライトチューブを作成。次に研究チームは「砂糖水の入った容器」と「ただの水が入った容器」をいくつか用意し、それぞれの容器の横にLEDライトチューブを設置。このとき、砂糖水の横にあるLEDライトチューブはただの水が入った容器の横にあるLEDライトチューブとは異なる色で点灯させられました。研究チームは複数の容器が並んだ場所にハチドリを入れて水を飲ませた後、容器の配置を変えて、鳥がLEDライトチューブの色を識別するかどうかを確認しました。

一連の無作為実験を行ったところ、ハチドリは容易に非スペクトル色を見分けることが示されたとのこと。

実験に参加したブリティッシュコロンビア大学博士課程学生であるハロルド・アイスター氏は「驚きの光景でした。『紫外線と緑色の光』と『緑の光』は私たちにとって同じですが、ハチドリは砂糖水が入っていることを示す『紫外線と緑色の光』を正しく選び続けました。この実験はハチドリが見ている世界をほんの少しだけ私たちに見せてくれました」と述べています。


また研究チームは1000種類の鳥の羽毛と2400種類の植物を分析し、それらに含まれる色の3分の1が「非スペクトル色」である可能性をも発表しています。これはつまり、世界の認識において、鳥は人間とは全く別の見方をしているということ。研究者はより多くの非スペクトル色を鳥に見せていくことで、鳥の視覚への理解が進むと考えています。また、さらなる実験を行うことで、「非スペクトル色は実際にどのような色なのか?」ということも明かされていくと考えています。

https://gigazine.net/news/20200616-hummingbirds-can-see-colours/





3 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:18:11.39

人間が鈍いだけでは?


33 あみ :2020/06/17(水) 07:30:26.38

>>3
脳が進化した事で、研ぎ澄まされた感覚の方が退化した。
視覚、聴覚、嗅覚、味覚
生物界のなかではヒトは鈍い方の部類。


4 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:18:29.38

色々な色か


5 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:19:48.96

想像できない色…


6 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:20:31.47

庭の柿の木の熟れた実だけを正確に突付くのはこの能力か?


8 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:21:35.49

猫はオレンジ、赤、緑、黄色の四色。


9 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:21:58.69

蝶々も紫外線を見られるでしょ
それで、大抵の花はパンジーみたいに花の中心部が異なる色に見えていて
蜜のある場所が分かりやすくなってるって。


12 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:23:12.43

>>9
それ知ってるわ


10 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:22:04.43

物理現象だって人が見てるものと他の生物が見てるものだってちがうからね、人が丸に見えてるものも全く違う形に見える
物理法則て人のためだけにあって計算が正しいとは限らない


11 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:22:52.58

虫の認識には都合いいかもな。


15 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:24:11.53

カラスは黄色が見えない


48 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:35:18.15

>>15
どうもそれ都市伝説ぽい


16 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:24:22.62

ここで、スペクトルマンが一言


36 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:31:34.23

>>16
地球を狙うゴリーとラー


17 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:25:08.22

え?俺見えてるけどお前ら見えないの?


18 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:25:20.17

アカ、アオ、キイロ、キレイ、、、


19 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:25:21.87

うちの近所にも放射線が見えるって言ってるおばさんがいる


22 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:26:22.36

鳥目?


24 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:26:34.55

犬は嗅ぐ力が凄い


25 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:26:35.31

同じ人間でも、見えてる世界が違う可能性はあるな

おれが青と思っている色は、他人にはおれが赤だと思っている色に見えているのかもしれない
それを幼少のころから青色だと言われて、その色を青だと認識している可能性がある


28 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:27:35.20

逆に人間眼が真実とは限らないという事か


30 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:28:00.27

無という錯覚を発明しただけあって人間の知覚領域は鈍い
空気中に漂う飛沫という巨大物体でさえ肉眼じゃ見えない


43 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:34:01.10

>>30
面白い


31 あみ :2020/06/17(水) 07:28:09.38

4色型色覚


蝶の性別が一目でわかる。
北の空に時々紅いオーロラが見える。
花の色が友人の言う感じと少し違って見える。


32 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:29:12.42

昆虫の多くは紫外線を見ることができることが知られている。
紫外線が見えれば、紫外線を反射する花を見つけて蜜を吸うのに有利だ。
ハチドリも花の蜜を吸うから昆虫と同じようなものだろう。

鳥類でも、ニワトリやカラスが紫外線が見えるのか研究してほしいな。


35 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:31:01.00

見た事ない色って無いよな
不思議だな


37 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:31:44.96

鋭敏な動物の感覚器を研究したら地震予知に繋がったりするかもね


41 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:33:00.31

音聴くとに色がついてみえる共感覚みたいなやつ


42 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:33:50.87

子供のころ自分が見えてる色と他人が見てる色は同じものでも実は違うのではと思ってた


44 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:34:15.73

この研究は人類に役立つのか?


46 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:35:03.98

『アッテンボローの鳥の世界』でこれをやっていたな、むかしだけど
ヒナのくちばしの色が親鳥にどんな色にみえているかを映像でやっていた
人間には想像もつかないような色で、ヒナが親に積極的にアピールして餌をもらえるように進化したのだと


47 不要不急の名無しさん :2020/06/17(水) 07:35:15.11

猫はどんな色覚なんだろうか




このエントリーをはてなブックマークに追加

最後までお読み頂きありがとうございます
別記事・新着記事はこちらからどうぞ

カテゴリ一覧
TOPへ戻る