斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日 - )は、群馬県太田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズに所属。 群馬県太田市出身。漫画『MAJOR』を愛読し、太田市立生品小学校在籍中は地元学童野球チーム「生品チャンピオンズ」に一年時から在籍し主将を務める。太田市立
61キロバイト (8,936 語) - 2020年8月11日 (火) 13:22



(出典 images-fe.ssl-images-amazon.com)


どこで続けられるだろう?

1 幻の右 ★ :2020/08/28(金) 05:47:31.64

 節目の年を迎えた男の胸中は――。今年でプロ10年目を迎えた日本ハムの斎藤佑樹投手(32)。今季はここまで一軍昇格はなく、二軍戦でも中継ぎとして11試合に登板して1勝3敗の防御率6・57ともがき苦しむ日々が続いている。27日発行の「週刊文春」では「ハンカチ王子引退へ」との記事が掲載されるなど、その動向に大きな注目が集まっているが…。当の本人は引退を「完全否定」していることが分かった。

 過去2年、一軍での勝ち星から遠ざかっており、近年は主に中継ぎとして生き残りへの道を模索している斎藤。オフから新たに習得した変化球「名護カーブ」を武器に投球の幅を広げたが、課題とする制球にばらつきを見せ、今季は二軍戦で11試合、12回1/3を投げて15四死球と昨年を上回るペースで四球を与えてしまっている。一軍の中継ぎ陣も比較的安定した結果を残していることに加え、ファームでも若手投手が台頭し、一軍昇格への道のりは現状厳しいと言わざるを得ない。

 世間の注目度が高い斎藤の10年目シーズンということもあり、27日発行の「週刊文春」では「ハンカチ王子引退へ」との見出しで、引退の可能性について触れた記事が掲載された。引退後の選択肢の一つとして「キャスター転向か」とのくだりもあり、早くも、引退後の進路に焦点が当てられた。

 では、実際に本人はどう考えているのか。今回の文春報道を受け、斎藤は親しい関係者に「自分から引退するようなことは絶対にない」と引退を完全否定したことが分かった。

 この関係者によると「ここまで見捨てずにチームに残してくれたファイターズへは相当な感謝をしています。何とかして恩返しをしたい、というのが本人が今抱いている一番の思いのようです」とのことで、日本ハムに「いらない」と言われるまで、あがき続けるつもりでいるという。

 実際、斎藤は以前、本紙の取材に対して「野球人としての生き方」を明かしたことがあった。その中で野球選手として常に隣り合わせにある「戦力外」の存在についても言及。「(戦力外の可能性は)もちろんあると思います。もしそうなった場合でも、一人の野球人としてボロボロになるまで野球を続けたいです」と、現役へのこだわりを明かしていた。

 ということは、たとえ日本ハムから「いらない」と言われたとしても、国内他球団や独立リーグ、韓国や台湾などの海外球団でも野球を続けるのか。斎藤は「(海外球団でも)もちろん、どこでもオファーがある限り続けていきたいです。野球選手として限界まで投げ続けたいです」と、力強くその意思を語っていた。現役続行へのこだわりが強いことは確かだ。

 日本ハムに恩返しをし、プロ野球人生を最後までまっとうするためには、何が何でも結果を残す必要がある。今季は早くも折り返しの時期。一軍の戦力として招集がかかるよう、斎藤は二軍でがむしゃらに奮闘を続けていくしかない。

【二軍でまずまずの結果】斎藤は前回登板となった22日のイースタン・ヤクルト戦で1回無失点と好投。12日のロッテ戦では1回2/3を投げて1失点、12日の巨人戦では2/3回を無失点と、直近3試合の登板ではまずまずの結果を残している。8月の成績で限定すると中継ぎとして5試合に登板し、5回1/3を投げて防御率3・38。課題としている四球は2つに抑えているが、本塁打は2本許しており、収穫と課題を残した状態となっている。

東京スポーツ
8/28(金) 5:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f484d91019d089bdeb4ae007bfa2ac6da39fed8





2 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 05:48:19.78

最初からボロボロやろ


41 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 05:57:17.58

>>2


4 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 05:48:43.82

いや日本ハムに「いらない」と言われるだろ


97 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:08:59.37

>>4

いえいえ、マスメディアからどういう形であれ注目されてるうちは日ハムとしても置いとく価値はあるもんなんだよ


16 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 05:50:10.76

MLB通算成績(~2019年)

斎藤佑樹 通算0敗 被安打0 被本塁打0 与四球0
田中将大 通算43敗 被安打935 被本塁打150 与四球200

どうして田中はここまで落ちぶれてしまったのか


20 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 05:51:07.46

>>16
田中は怪我があるからなあ……


33 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 05:53:32.69

>>16
在籍期間も0やし


71 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:04:03.47

>>16
ピシャリ!


17 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 05:50:15.09

どんなに外から言われても本人が満足して仕事をしている
QOLは圧倒的だな


42 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 05:57:27.40

このタイミングで引いとけよ
人生ボロボロになるぞ


49 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 05:59:00.71

大学と球団で10年契約があったから自分で引退決められなくて辞められなかった
こっちのほうがケジメはつくだろ


51 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 05:59:18.68

肩ぶっ壊してるんだから、簡単にバカにするのは違う


56 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:01:01.24

>>51
肩壊れてるからダメなんですと言えば金もらってダラダラ居座り続けてええのか
金もらってプロやってる以上結果と責任を果たす義務があると思うが


70 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:04:01.24

>>56
だから、こういう報道が出るんだろ


62 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:02:17.19

阪神で甲子園の星になろうぜ


65 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:02:53.31

>>62
阪神すらいらないだろ


78 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:05:03.68

>>65
タニマチ接待要員に


66 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:03:10.75

俺達に足りないのはこのメンタルの強さ


88 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:06:31.57

>>66
君達と同じだよ
人生の損切りが出来ないから次のスタートがいつまでも出来ないで野球ニートになる


72 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:04:23.41

じゃあTBSのプロ野球選手だった男たちに出演しろよな
おまえはみじめな姿を晒して過去の自分の発言と態度を懺悔しなきゃな


91 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:06:57.00

>>72
TBS「嫁と子供いないと盛り上がらんだろ」


73 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:04:28.48

このメンタルだけは尊敬する
そして藤浪にこのメンタルあれば最強
藤浪専属のメンタルコーチやってくれ


76 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:04:41.03

ハムファン的には引退してほしいんだろうけど、いなくなると正直寂しいから頑張ってくれ


77 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:04:56.99

誰かが言ってたけど自分から引退できるのは贅沢
戦力外通告受けてどこも契約してくれなくなった時に仕方なく引退するのがほとんど


87 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:06:23.53

球団は、斎藤にやんわりそういう意向をつたえ、マスコミにもリークして
引退の空気をつくってたのに
斎藤が状況を理解できないKYだった
ってことでしょうこれは


89 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:06:44.64

>>87
お、松中の話か?


94 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:08:14.36

ハンケチは大学に行かずに、高卒で即プロに行ったら
どうなってたんだろうか?

同じ結末だったのかな?もっと活躍できてたのかな?


98 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:09:17.61

野手転向


99 名無しさん@恐縮です :2020/08/28(金) 06:09:20.33

それでこそ祐ちゃんや




このエントリーをはてなブックマークに追加

最後までお読み頂きありがとうございます
別記事・新着記事はこちらからどうぞ

カテゴリ一覧
TOPへ戻る